未分類

特商法の適用範囲を理解して必要事項を確認する

投稿日:

特定商取引法は特商法と略されて呼ばれることもありますが、主に通販などで生じるトラブルに対して購入者となる消費者を守る法律となっています。

この法律を遵守している業者から商品を購入することが望ましく、違法業者であっても保護してくれる内容となっています。悪徳商法などに引っかかった時も被害を被ってしまう前に、特商法に該当するかチェックすることが必要です。

特商法で対象となる主な販売方法は訪問販売や通信販売、電話勧誘販売などがあります。訪問販売では自宅に業者が訪ねてきて、提供している商品を紹介しながら直接消費者に購入してもらおうと売り込んできます。
道端のキャッチセールスやアポイントメントセールスなども該当しますが、あまりにも強引に売ろうとする行為や偽物など紹介された内容と異なる売り込みなどを行った際には適用されることがあります。

通信販売では新聞や雑誌だけでなく、最近はインターネット通販も増えています。また電話や郵便物も該当しますが、主に間接的に商品を紹介して様々な通信手段を活用して購入意欲を誘う方法です。

ここでも紹介されている内容と大きく異なっていたり、手続きをしても全く商品が届かないといったトラブルに備える必要があります。
電話勧誘販売も特商法に該当しますが、勧誘される際に強引だったり断ったのに勧誘が止まらないといったケースで特商法は対応可能です。

他にも特定継続的役務提供という、長期間エステサロンや語学教室などが提供する継続的なサービスを提供するタイプも特商法に該当します。

具体的な販売方式が特商法で定められているとともに、記載すべき内容を各業者に求められます。主に2つありますが、最初に販売者に関する様々な情報です。
例えば事業者名や所在地、連絡先といった基本的な情報となります。
実在していれば住所や電話番号そしてメールアドレスといった情報がなければ、当然消費者は不安にかられてしまうことでしょう。

法人の場合は代表者や責任者の氏名も、電子的なバナー広告などを打ち出す時には必要です。
また様々な商品を販売していく際に、その情報を記載しなければ特商法に違反します。価格や支払いに関する方法、実際に購入してからも返品方法や商品をいかに届けるか提供方法などを記載しなければなりません。

非常に商品を販売する情報は消費者も注目すべき項目となるため、重要となる情報が漏れなくはいっていることが求められます。

情報が具体的に記載されていても、購入後の流れが異なっていれば特商法に当てはまることがあります。消費者は記載内容をじっくりと見極めて、特商法に準じている業者を選ばなければなりません。

-未分類

Copyright© スマホ副業オファー完全調査 | 詐欺・怪しい要素一切なしの副業 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.